2011年11月アーカイブ

知らないと怖い!シャンプーと経皮吸収の怖さ


Davey's first shampoo (at home) / jessicafm

産まれた頃からアトピーをもっている赤ちゃんがいます。
お母さんは皮膚科に連れていくと思いますが、その時、

「母乳をあげるのを止めて、
粉ミルクにしなさい」

と言われる場合がよくあるみたいなんです。

普通、母乳をあげると免疫力が高まることは知られていますから、できるなら母乳であげたいですよね^^;

でも、言われたとおりにすると、ほんとにアトピーの症状が治まることが多いそうです。

それは何でだと思いますか?

実はそこには、「経皮吸収」が関係しています。

シャンプーの怖~い成分 ラウリル硫酸ナトリウム って?

シャンプーを選ぶ時、「洗浄力が高い」とか、「よく泡立つ」という基準で選ぶ方もいると思います。
泡立ちがいまいちだと、洗った気がしないですよね^^;

でもその選び方を基準にしていて、ちゃんと成分を見ていないと危険です。
特に、髪や頭皮を気にするなら、知っておきたいことがあります。

それが、ラウリル硫酸ナトリウムという成分です。

しかも、実はCMでやっているシャンプーは大抵入っている成分なんですね~^^;
これが実は危険で、使い続けると、アレルギーや炎症など、
皮膚障害を起こすことにもなりかねないんです><

冬は乾燥から頭皮や髪を守るヘアケアを


Drought / Katie Tegtmeyer

冬は空気が乾燥する季節です。
お肌や手などを手入れせずに放っておくと、
カサカサになりますよね^^

お肌や手は保湿クリームでお手入れするのは普通なのに、
髪や頭皮の保湿にも同じくらい力を入れている人は少ないのではないでしょうか?

頭皮は、髪と1枚皮で繋がっています。
なので頭皮もお肌と同じように乾燥するので、
頭皮の保湿ケアが必要なのがわかりますよね^^

頭皮の乾燥はフケの原因になります。
そこで間違ったシャンプーの仕方をすると、頭皮が過度な乾燥した状態になり、
かゆみ炎症を引き起こすんです。

髪についても同じことが言えます。
髪は、構成する要素のうち10数%~35%くらいは水分で占めています。
これが7%を下回ってしまうと、ダメージを受けやすい髪になってしまい、
キューティクルがはがれ、枝毛切れ毛に発展します。

女性で最も悩みの多いパサつきを作りやすい環境ができてしまうんですね^^;

つまり、冬はダメージを受けやすい季節ということです。

それを防ぐには、頭皮や髪の乾燥を防ぎ、保湿していかなければいけません。
具体的にはどうしたらよいでしょうか?

シャンプーを選ぶ時、何を重視しますか?

シャンプーを選ぶ時って、何を基準に選んでいますか?

「しっとりする」「サラサラになる」という、仕上がり感でしょうか?
「泡立ちが良い」「髪に優しい」といった使用感でしょうか?
または、「価格が安い」「詰め替え用がある」という便利さかもしれません。

結構大事ですよね^^

それ以外にも色々な選ぶ理由があると思いますが、もし頭皮トラブルに悩んでいるのなら、
その中にぜひ頭皮ケアができるということにも注目した方が良いと思います。

あなたのヘアケアの知識は間違っているかもしれません


fudge violet toning before and after / Idhren

髪のキレイな女優さんがシャンプーのコマーシャルをしているのを見かけると思います。
そのイメージから憧れを持ってしまうほどの美しさですよね^^

そして同時にそのシャンプーも

  • 「女優さんも使ってるんだ♪」
  • 「キレイになれそうだな♪」
  • 「有名だから安心♪」

と、どこかで思ってしまいます^^;

しかしそれは

まやかしのイメージ

と思った方が良いでしょう。

実際は、その女優さんが使っているとは限らないですし、
成分に関しても、必ずしも安全とは言えないんですね^^;
これは、ドラッグストアで売られている市販のシャンプー全てに言えることです。

そういうことって、実はあまり知られていません。
間違った情報が蔓延しています。
私も地肌の弱さで悩んでいて、ヘアケアの勉強をし始めたのですが、そのことを知った時はショックでした><

薄毛に悩む女性が増えたのも、シャンプーの影響が関係しているんですよ><
特に最近は、10代や20代の若い女性にも薄毛に悩む方が出てきているんだとか。

男性の場合は尚更気をつけないといけませんね^^;
値段や目先のオシャレ感だけで決めるのではなく、きちんと信頼のあるシャンプーを選ばなければなりません。

このページの先頭へ