水道水の塩素から髪を守ろう


Me@Poolside / jetalone

プールに入ると、髪がパサパサに傷みますよね^^

それは、プールの水に塩素を入れて消毒しているからです。
毎日水を変えてるわけではありませんので、0.4mg/リットル以上を継続的に維持するように定められています。
一般に、屋内よりも屋外の方が蒸発が早いので濃度が濃いですね。

塩素は脱色作用もあるほど髪にダメージを与えます。
プールに入った後は水道水で髪を洗った方が良いですね。

でも実は、シャワーから出てくる水にも塩素は含まれています。
水道法では、蛇口から出る水道水の中に0.1mg/L以上の塩素が残留していることと定められているんです。

水道水に含まれる塩素量はプールより濃度が薄いですが、シャワーのお湯でも髪のキューティクルを傷めていることが実験でわかっています。

塩素で髪を傷めないようにするには?


シャワーヘッド / Tezzca

塩素はたんぱく質にくっつく性質を持っています。
髪の80%はたんぱく質からできていますから、塩素は髪にくっつきやすいのです。

なので、どんなに良いシャンプーを使っていても、水が悪ければその効果は落ちてしまいます^^;
シャンプー後は念入りなすすぎが大切ですが、念入りに洗えば洗うほど塩素をつけることになるので、ダメージを受けてしまうんですね。

シャワーは毎日使いますので、塩素の濃度が低くても少しずつダメージを与え続けます。
結果的にキューティクルがはがれ、髪に潤いがなくなり、乾燥髪枝毛ふけかゆみに悩まされるようになるんです。

そのような状態になったら頭皮環境はどんどん悪化していきますので、なんとかしたいですね。
オススメは、シャワーヘッドを変えるということです。

最近は、残留塩素を除去するためのシャワーヘッドが出ています。

上のシャワーヘッドは、アラミック スリーディ・アースシャワー 3DE-24Nです。

機能性のあるシャワーヘッドは、節水もできるので便利ですね^^
シャワーヘッドの取り換えも、シャワーヘッドとホースが一体型になっていなければ簡単に交換可能です。
交換の仕方はこんな感じです。

シャワーヘッドは色々なメーカーから出ていて、値段もピンキリですが、今一番人気なのはこれのようです^^

マイクロバブルシャワーのピュアブル2です。
シャンプーや石鹸の質に限らず、水だけでも美容効果があります。

値段は16,800円と高いですが、カートリッジ交換不要なので、1度買えばそれでOKですね。
シャンプーの量を減らせるのも魅力的♪

他にもたくさんのシャワーヘッドがありますので、髪の傷みに悩んでいる方は、こういうところも見直してみてはいかがでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« シャンプーの性質を左右する界面活性剤の種類 | ホーム | 自分でできる、シャンプーや白髪染めの簡易パッチテストのやり方 »

このページの先頭へ