白髪染めの周期はどれくらいが良いか?

やり過ぎると傷んでしまう白髪染め。
でもやらないで目立ってしまうのも嫌ですよね^^;

白髪染めを長持ちさせるには、きちんと染めることが重要です。
染め残しがあると、髪が伸びてきた時にすぐに目立ってしまいます。
これが白髪染めの秋季を短くしている原因になります。

染める間隔は、髪の量にもよりますが、大体1ヶ月間隔くらいがポピュラーです。

それよりも短い方は、白髪染めの仕方をおさらいしておきましょう。
白髪染めを長持ちさせる塗り方のコツ

きちんと白髪染めができるようになったとして、さらに髪の負担を減らす方法もあります。
それは、リタッチを上手に行うということです。

全体染めとリタッチを繰り返す

「リタッチ」というのは、根元だけ染めるということです。

一度全体を染めたら、翌月にまた全体を染める必要はありません。
伸びてきた根元だけリタッチするだけで十分です。

白髪染め 周期

毎回全体を染めていると、毛先まで付けるので傷みます。
でも、

全体を染める ⇒ リタッチ ⇒ リタッチ ⇒ 全体を染める ⇒ リタッチ・・・

と、次に全体を染めるまで2回リタッチを入れるだけで、髪へのダメージをかなり軽減できます。
全体を染めるのは、3ヶ月に1回で良いのです。

リタッチのコツ

リタッチのコツは、しっかり白髪染めの液を根元にのせるということです。

リタッチ

  • 地肌にしっかり塗る
  • すすぐ前にぬるま湯でこすって乳化させる

ということが大事ですね^^

やり方は全体染めの時と同じですので、詳しいやり方はこちらをご覧ください。
白髪染めを長持ちさせる塗り方のコツ

地肌にのせることによる頭皮へのダメージが気になる方は、マニキュアタイプのヘアカラーを使うと良いかもしれません。
髪も頭皮も傷めないので良いですよ^^

利尻ヘアカラートリートメント

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連する記事:4件

コメントする




« 白髪染めを長持ちさせる塗り方のコツ | ホーム | 99%植物由来のアミノ酸シャンプー、uruotteを購入♪ »

このページの先頭へ