朝シャンは頭皮にダメージを与えます

昔、朝シャンって流行りましたね^^
今も、流行りではないにしても、身だしなみの一貫としてやっている人は多いと思います。
特に、働いている男性は多いみたいですね。

気分がすっきりしますし、ヘアスタイルも決まりやすいです^^
ただ、頭皮や髪の健康を考えると、朝シャンはあまり良い習慣とは言えません。

実際、「朝シャンは はげる!」と思っている方も増えてきています。
必ずしもはげるとは言い切れませんが、頭皮に悪影響を与えやすい要因の一つになっているので、
何も考えずにやり続けると、頭皮トラブルに悩まされるかもしれませんよ^^;

朝シャンが頭皮の健康によくないのは、いくつか理由があります。
一つずつ挙げてみます。

紫外線を浴びる直前に頭皮に必要な脂分をとり過ぎてしまう

人は皮脂腺からでる脂で、肌を保護しています。
これが足りないと、乾燥肌になってダメージを受けてしまいます。
皮脂腺は男性ホルモンの影響を大きく受けるので、
女性の方が乾燥肌になりやすいのはそのためですね^^

皮脂が保護しているのは頭皮も同じで、皮脂膜があって紫外線などから頭皮を守るわけですが、
市販のシャンプーは洗浄力が強いので、必要な脂分まで取り過ぎてしまう傾向があります。

大抵の場合、シャンプー後はすぐに外出の準備をして出かけると思いますので、
皮脂膜が足りない状態で紫外線を浴びることになります。

皮脂をキレイに取り去るとスッキリしますし、清潔感があるように思えますが、
ダメージを受けやすい状態であることも忘れてはいけません。

洗い残しやすい

朝シャンは、夜シャンプーするよりも洗い残しが起こりやすいんです。
なぜ洗い残しが多くなるのかというと、理由は2つあります。

1つ目は、朝は時間がないということ。
夜はもう寝るなりゆっくりするなりで、やらなければいけないことは少ないですが、
朝は会社や学校など、時間が決められた予定がありますので、
どうしても気分がそっちの方に向いてしまって、シャンプーを綺麗に落とすことは軽視しがちになるんですね。

シャンプーの洗い残しって、実は意外とあるものです。
夜のシャンプーでも指摘されるくらい、洗い残しって盲点になっているんですね^^
残そうと思って残すものではありませんし、皆が「自分はキレイに洗っている」と思うものですが、
そこが盲点になっているんです^^;

キレイに洗い落していないと、頭皮に残り、毛穴から入っていきますので、
当然ながらダメージを与えます。

それが蓄積されると・・・頭皮に良くないことがわかりますね^^

もう1つは、お風呂ではなく、服を着たまま洗面所で洗う人も多いということです。
ただでさえ洗い残しが指摘されるのに、服を着たまま洗うと、余計洗い残す確率が高くなりますね^^;

夜洗わないのは、髪の成長を阻害する

朝シャンするから夜洗わない、という方も多いと思いますが、
頭皮の健康を考えると、夜に洗った方が良いでしょう^^

頭皮や髪の成長を促す成長ホルモンが分泌されるのは、22時~2時。
ゴールデンタイムと言われている時間帯です。

その時に、毛穴にたまった皮脂汚れがそのまま残っていると、成長を阻害してしまいます。

さらには、活動しようとしているときに毛穴に皮脂汚れが詰まっているということは、
それは窒息状態でもがくようなものです。
そのため、頭皮が疲れて毛穴が開きやすくなるのですが、
その状態で朝目覚めてシャンプーをするということは、
毛穴にシャンプーが残りやすくなるわけです。


朝シャンをしていても、頭皮が健康な方もいますが、
現時点では問題なくても、後々問題が出てくることもあります。
なるべく夜に洗うようにするのがお勧めですね^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連する記事:1件

コメントする




« 知らないと怖い!シャンプーと経皮吸収の怖さ | ホーム | キレイな髪 は、睡眠から♪頭皮のゴールデンタイムは寝るようにしよう »

このページの先頭へ