肉食中心は髪にNG

野菜が嫌いで肉が好き、というのは男性に多いですが、最近は女性でも増えてますね^^;
でも、髪のことを大切にしたいのなら、それは気をつけたいところです。
肉中心の食事は、一番髪に良くないんです。

薄毛体質を進行させてしまいますし、女性ホルモンで守られている女性の場合も、肉食中心を続けていると薄毛への道を進行させます。

今は強くてコシのある、枝毛や切れ毛一つないサラサラな髪でも、軽く見ていてはいけませんよ。
たとえ薄毛まではいかなかったとしても、そのうちダメージヘアになる可能性があるんです。

肉食中心の食生活は何が問題になるのでしょうか?


IMG_0293 / kimi-

肉類をたくさん食べると、脂分がお肌に出やすくなりますよね^^
これは、肉類は高脂肪、高コレステロールの食品だからです。

摂り過ぎると血液中の脂質が多くなってしまい、血流が悪くなります。

血液は頭皮にも栄養を運んでいるので、血流が悪くなると頭皮に栄養が行き届きにくくなるんですね><

十分な栄養が貰えない頭皮は、水をあげない植物と同じで、元気がなくなってしまいます。

そしてもう1つ、脂質が頭皮に運ばれると、皮脂分泌の材料に使われます。

皮脂の過剰分泌になってしまうのです。

皮脂は、ある程度は頭皮を乾燥から守るためにも必要ですが、
多すぎると毛穴に詰まりやすくなり、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

そういう障害物があって、それを乗り越えて成長するにはエネルギーが必要なのに、
頭皮に栄養が運ばれないので、薄毛になってしまうのは当然ですよね><

肉好きには辛いかもしれませんが、できれば野菜や魚中心の生活にしましょう。
髪の毛はアミノ酸でできているので、アミノ酸を多く含むたんぱく質(大豆製品、豆腐など)を摂ると良いですね^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« 頭皮ケアには頭皮ストレスの解消も必要 | ホーム | トリートメントは頭皮につけず、毛先だけにつけよう »

このページの先頭へ